私の主張綴り15  2009.7.1〜7.31

7月

(以前の主張を読みたい方はここをクリック)

Verba Volant, Scripta Manent

(話した事は飛び去るが、書いた事は残る)

 

日々の主張ブログ15 (2009.7.1 〜 7.31)

-----------------------------------------------

2009.07.22(水)小雨

宮崎県の鼠が鳴動し大山がつぶれる

 衆議院がようやく解散した。解散までのドタバタ劇は日本政治の歴史に残ることになるだろう。これから 40日後に日本の将来を決する選挙が行われる。自公与党が生き延びるか、民主党が与党になるか目が離せない。解散のごた ごたの前座に宮崎県知事東国原氏(そのまんま東氏)の自民党総裁候補にするなら自民党からでてやってもよい。自民党は私 が勝たせるなどの、普通の常識人では考えられない話が花火として打ち上げられた。その後東京都議選で敗北をした自民党の 選挙対策の古賀氏が辞任。かくしてそのまんな東氏も衆議院議員、自民党総裁の夢も消えうせた。あとは宮崎県知事で寝て過 ごすという意味の言葉を吐いて、結局、宮崎県民がようやく目が覚めたらしい。そのまんま東氏は宮崎県民を利用して国会議 員になろうとしたとブーイング。ちょっと宮崎県のマンゴの値段が高くなっただけで、あっという間に宮崎県民からもそっぽ を向かれた。もう政治家としての道は絶たれたも同然だ。同時に自民党にもそのブーイングが訪れ、結局、自民党の有名人担 ぎ出し政治が批判された形になった。宮崎県の鼠が騒いで、自民党与党がつぶれたのだ。 やっぱり天はお見通しだ。

-----------------------------------------------

2009.07.15(水)晴

がんばれ、T先生!

  T先生が病の床に伏せているとお聞きした。先生の生き様を心から尊敬している私は先生に手紙を書いた。

拝啓 梅雨に入り紫陽花がひときわ輝いて見える頃となりました。私たちが今の日本で四季折々の花を愛でることができる のも、先生方があの忌まわしい敗戦後の復興の時期に日本を正しい道に導いてくれたからだと思っております。本当に感謝して おります。
 私が戦争というと思い出す場面があります。記録映画の映像ですが、学徒動員の壮行会の映像です。各大学別に整然と並ん で行進する場面で、あとから音をつけたと思われますが、雨の中を行進して行く場面です。革靴で「ザクザク」と雨の降りしきる 中を、どこかの大きな競技場を、多分戦争で中止になった東京オリンピック会場と思われますが、白線が何本も引かれているトラ ックを、戦地に赴く学生達が行進している場面です。国立競技場、トラック、雨の降りしきる中、学生服にゲートル、頭には学帽、 四角の学帽、丸い学帽、白線の入った学帽、先頭の学生は母校の旗、泥水を跳ね上げながら必死に歩く学生達、彼らの肩には銃で なくて、模造の木製銃、その歩く学生達を一番前で見守る東条英機と軍部の人々、この映像は、日本が体験した戦争のいくつもの 悲劇の場面の中でも一番の悲劇を私は感じてしまいます。
 あの学生達の中に先生達がいらっしゃったのではないでしょうか。多くの学生達が生きる希望など全く持たされず、死ぬ意 義しか見いだせていなかったのは、あまりにも悲惨です。
生きて帰ってきた方はその多くが、死ななかったことを悔やんで過ごしています。それは当時の人々が、生きる喜びよりも死 ぬ意味しか知らされていなかったからだと思います。人間として生まれてきて、生きる楽しさ、喜びを知らされず、またそれを知 る事が罪のように思わされて、生きていたなどと考えるだけでも身の毛がよだちます。そんな世界に二度と戻してはなりません。
  先日、偶然に、霞ヶ浦の自衛隊基地の中にある予科練記念館に立ち寄りました。そこには予科練で鍛えられ、死んで行っ た方々の手紙が沢山ありました。その中身は皆同じ書出しでした。最初に両親に親孝行が出来なかったことを詫びていました。そ して幼い兄弟姉妹には自分の分まで親孝行をして欲しいと頼んでいました。必死に親を慰めるような文も沢山ありました。この頃 の十代後半の子供達が生きる意味を見いだせる前に、死ぬ意味を教育で叩き込まれ、割り切れない気持で死んでいったことを思う 時、このような世界に二度と戻してならぬと私も涙しました。それを思うと先生達がその経験を私たちに命をかけて伝えてくれて いることを、心から感謝しております。これからの日本、そして世界中の若者たちに、二度と7、80年前の日本を経験させては ならないと思うのです。
  戦後すぐに生まれた者ですが、先生たちに教えを頂いて生きてきたことをこれから、私たちの子供と孫に伝えていくこと を誓います。敬具

-----------------------------------------------

2009.07.14(火)晴

総選挙、8/30後の千葉県はどうなる

  千葉県から日本を変える事はないが、日本が千葉県を変えることはある。 前例のない解散予告付き解散を宣言した麻生総理。いよいよ日本を変えるチャンスを国民が生かす時がやってくる。国を変え るのは主権者の国民であるということを実証する時期がやってきた。2大政党制を目指し始めて、ようやく動き始めた日本。 多くの人が民主党には政権担当能力はないと言うが、私は人は誰でもその立場になったらやって行く、チャンスを与えていこ うと考えている。この日本が大きく変化できるかどうかは国民の意識にかかっている。国民は多分、日本を変えて行く原動力 になるだろう。そして変った時、千葉県はどうなるのだろうか。千葉県の森田知事は選挙の時、自民党員であったことを隠し、 完全無所属と銘打って選挙に圧勝した。そして直ぐさま選挙法違反で告訴されている。もうすぐ司法がその結果を出すという。 国が政権交代して自民党が与党でなくなった時、千葉県自民党はどう対処していくのだろう。東京都議会で第一党になったのは 民主党だ。自民党は与党の座から滑り落ちた。千葉県は相も変わらず知事も議会も自民党べったりである。でも千葉県は自民党 が勝ったとは自民党は言えないのである。何故なら「完全無所属」を自民党のくせに旗印にしたからである。自民党は後ろに回 って後方支援しただけだから。表立って自民党が勝利したとは絶対に言えない。これからは、国が出してくる、多分民主党主体 の政治決断を千葉自民党はどのように受け入れるのだろうか。今になって自民党べったりの森田知事は政局を読み、自民党を離 党した(完全無所属と4ヶ月前に看板にした男が7月初めに自民党を離党した)。でも将来の森田知事は落ち着く先はどこにも ない。行き場のなくなった浮遊霊のようになるだろう。千葉県から日本を変えると言っていた森田知事、結局、日本が千葉県を 変えることになるだろう。

-----------------------------------------------

2009.07.07(火)曇

兄弟鳩には友愛はないのか?

  鳩山邦夫氏がマスコミに自分の兄由紀夫氏の政治資金問題(個人献金の中にすでに死亡していた人がいた) を抱えていることを「国会には黒い鳩と白い鳩がいる。もちろん白い鳩は私だが」と揶揄したと記事がでていた。民主党を結束させ、 尚且つ国民に広く訴えている「友愛」という言葉がある。この言葉は鳩山家の家訓として伝わっている言葉なのに、このような下品 な形で表現したことに驚く。知性のかけらも見えない。兄弟で政治信条が違ってもよいが、先祖から受け継いだものに汚い表現をし て揶揄することに何か反発を覚える。鳩山家の長男由紀夫氏は民主党の党首だが、前の民主党党首小沢さんが辞任した理由が政治資 金問題であった。次に党首になった鳩山由紀夫氏も政治資金問題で与党から追求されてしまった。兄の不祥事と思われることへの追 求を緩める必要はないが、それをマスコミに公表する言葉はあまりにも醜い。鳩山家には友愛という文字は似合わない。この二人に 友愛を説く資格はない。

-----------------------------------------------

2009.07.04(土)晴

再び劇場を画策している演出家がいる

  表舞台(テレビ、新聞など)で騒いでいる様子を見せている日本の政治は世界の動きとまるでかけ離れてい るとして思えない。対北朝鮮、拉致問題、ソマリア沖自衛隊派遣、欧州の対アジア政策など国民は蚊帳の外。ただマスメディアを 使って政治家たちが自分の選挙に当選しようと各人各様が競い合っているだけ。またマスメディアは各政党が掲げるマニフェスト など報道していない、したとしても前面にはでてこない。なぜならば裏舞台中継の方が面白いからである。私はこの舞台中継を画 策している人が背後にいるように感じている。再び4年前の小泉劇場で勝利しようとしている人がいる。まずはその前座が、宮崎 県知事の東国原知事の「総裁候補にすれば出てやってもよい」、大阪府知事の橋下知事の隠れ自民党支持者で東国原知事応援。こ れらの人は民主党では使ってもらえない。自民党は舞台役者をそろえる政党と見込んで、自民党に売り込んでいるだけだ。地方分 権を旗印にした分権選挙と銘打って今度の衆議院選挙を短期決戦するのであろう。まったくもう。  そういえば我が千葉県の完全無所属で当選した森田知事が「自民党を離党した」と昨日、新聞記事が出ていた。完全無所属の人が どうして離党するの?完全無所属が嘘だったのか。少し前、剣道2段が嘘だったと分かったばかり。嘘ばかりの政治家に国民や県 民はあぜんとしているだろう。まあだまされる国民が悪いんだろう。おれおれ詐欺とまったく一緒だ。だまされる国民が多ければ 多いほど、国民は疲弊する。でも国民が悪いんだからねしょうがないと政治家は一人勝ちするんですね。

-----------------------------------------------

ご意見、ご質問等ございましたら下記のアドレスへ電子メールでお問い合わせください。

栄町議会議員:野田泰博 yas-noda2@plum.plala.or.jp TEL/FAX 0476-95-3665

 

最初の画面に戻る ここをクリック