2000.12.28篠崎議長と松島議運委員長へ内容証明送付

 栄議第276号の要請書拝受。この内容に関して意味不明な個所がございますのでお答え願いたく存じます。ところで私が以前質問しております件に関して未だ返事は戴いておりません。

 私が持参し、事務局が受領した平成12年12月20日の栄議270号に対する返答、及び松島一夫議員他2名宛に出した「懲罰動議の不当性が分かりましたので謝罪文請求の件」平成12年12月20日付に対するご返答を早急に送付して下さい。議長、副議長、議会運営委員会委員長はご自分の

要請のみ行って、私の質問、謝罪要求に関して返事がないのは一方的で自分勝手なものです。まずは私の要請に関してお答え下さい。また貴要請文には意味不明な個所が随所にありますので、併せてお答え下さい。

(貴要請文に関して)

1 事実とかけ離れた内容とはどの箇所か、一つ一つ具体的に示して下さい。

2 平成12年12月15日の議会運営委員会での確認事項内容を文書にてお知らせ下さい。

3 栄町議会の信頼を失墜したとはどの部分かお示し下さい。

4 平成12年12月26日・27日の議会運営委員会は正式な委員会である旨、今一度確認しますので、お答え下さい。             

5 栄町見聞録72号の衛生費執行について以外の記載事項は事実とかけ離れ、曲解であると議長及び議会運営委員会の判断ならば、12月議会において議長が「松島一夫議員の紹介した請願に関して、私の反対討論の不穏当な箇所を削除する」と議長宣言しました件につき、今回の要請書の意味は、私の反対討論を議事録から全文削除することになるに等しいと理解できます。私の反対討論を議事録から全文削除するのか否かお知らせ下さい。 

6 私的政治活動である栄町見聞録に関して真実のみを伝えろとのご指摘は、現状は真実を伝えていないとも解釈できます。このご指摘は私的な政治活動に対する干渉です。どの部分が真実でないのか具体的にご指摘下さい。

 この内容証明に対する返答は平成13年1月14日までに私の手元に届くよう手配のほどお願い致します。そのご返答によって、貴要請文を再度吟味致します。届かない場合は貴要請書は意味のない私的政治活動への不当な干渉と理解し、懲罰動議で行った名誉毀損と同様に法的手段を講じる所存です。  

 

平成12年12月28日         

千葉県印旛郡栄町安食台2丁目20番8号 

栄町議会議員 野田泰博         

 

千葉県印旛郡栄町安食台1丁目2番    

栄町役場議会事務局気付け        

栄町議会議長 篠崎昭太郎 様      

栄町議会運営委員会委員長 松島一夫 様