今日の一言

2006.5.7-5.13

過去の一言

2006.5.7(日曜日):【憲法談義】・・・・2日程前に憲法談義になった。酒の飲み会の席だった。議論を吹き掛けてきた様子。戦後の日本は外国からバカにされている。特に中国、韓国にはバカにされている。それは日本が強力な軍備がないからだ。核だってもつべきだ。徴兵制度も復活させるべきだとのこと。そして言う事が振るっている。戦争をやるならやれば良いとのこと。あまりしつこいので、私は「そうだそうだそのとおり。まずは徴兵制度を復活させるためにはあなたが議会に請願でもしたらよい。ただしその請願には、日本のために、我が息子、我が孫を率先して戦争に送りだし、死んだ時はお国のためだから文句は言わないと誓約文でも添えた方がよい。よく息子と話合って下さい。また核を持つことに賛成するなら、あなたの村に核製造工場と核倉庫を持とうと運動して下さい。それは大賛成。」と答えた。「まずは軍備拡張というならば、どんな増税にも文句は言わない方がよいですね。あなたのような日本人が日本を救うなら、率先して我が息子、我が孫を戦争に日の丸振って送りだそう。」と言った。その人は黙ってしまった。バツが悪そうに話を全く関係ない方面に持って行った。戦争を起こさないようにするのが人間の役目。自分の息子が戦争に行く等とは思いもせずに、徴兵制度復活を唱える人がいる。恐い人たちだった。

ご意見はこちらへ →   yas-noda2@plum.plala.or.jp