栄町見聞録綴り 

            最終改定日:2010年3月27日

(栄町見聞録の発行に際して)議会の様子を栄町見聞録(A3版裏表)で詳細に伝えています。新聞編集、校正、印刷、配布などすべて自分の費用。議会後2週間以内に栄町全所帯に新聞折り込みで配布。自費出版。

  発行号および発行日           内    容

92栄町見聞録132号2010/3月号  3月議会中、町長は最終日の15分間のみ出席。議会で病気リハビリの説明。「町政に支障なし」、3月定例会議案一覧表、印西市の合併について、印西市の合併が栄町に与える影響、竜角寺台隣接地へ参拝撤去の埋め立て事業、裁判所から和解勧告、などなど。(栄町見聞録132号を見る)

91栄町見聞録131号2009/12月号  栄町12月議会報告。町長は病気ではあるが、町政には影響を与えないと答えた。しかしどのような病気なのか、いつ治るかの見通しは話さなかった。隣の本埜村で首長が起こした反乱。県も驚き是正を求めたがが、首長はまったく聞く耳を持たない。首長の権力とは何かを考えさせられた事件であった。しかし、栄町をはじめとして近隣市町村にも悪影響を与えるのは良くない。栄町で待ちお越しとしてドラゴンカヌーを議員が始めたが、全員が全くの素人。長門川の危険を知らずして、子供に呼びかけるのは非常識。まずは自分たちでドラゴンカヌーに習熟すべきだ。ドラゴンカヌーとEボートの違い。

90栄町見聞録130号2009/9月号  栄町さくらの会の会員から内部告発があった。経理処理がでたらめとのこと。初めは私的な会だからご自分で正すべきと話したが、公園清掃で協力金が経理処理されてないのは公金をもらって、処理していないというもの、議員も調べる必要があると反論された。調べるとそのとおりだったので経理処理の改善を求めた。またドラゴンカヌーを栄町の町おこしの起爆剤にしようというのだが、果たしてその安全性は?長門川は水中に杭が沢山ある底が浅い川。危険がるのではないか?栄町9月議会報告。

89栄町見聞録129号2009/6月号  職員と町長の夏季一時金0.2ヶ月減額可決。私は反対討論をして反対した。国も今迄にないやり方で、地方自治体の現状を見ず(栄町は独自に給与減額政策をとっている)、また議員は自分達の一時金には手を付けないで職員と町長の一時金だけを下げるのはおかしいと言って反対した。議会は国が暫定的減額をやめて、9月に決定したら議員も報酬で考えることにした。

88栄町見聞録128号2009/3月号  1 3月定例議会報告(今年度の予算は可決)、2 町長欠席の議会、3 一般質問 今後の十年にやることとは、4 給付金は5月に振込まれる、5 三月議会で最高に光った橋本議員の質問「二百万円の寄付の生かし方に疑義あり」

87栄町見聞録127号2009/1月号  2008年12月定例議会1、自分自身の「議員としての通信簿」、選挙時の公約「成田市との合併」はどうなる、成田市は合併を拒否、栄町はどうする、1月臨時議会布鎌小学校体育館改築建設

86栄町見聞録126号2008/9月号  2008年9月定例議会(平成19年度決算認定、布鎌小体育館入札不調)、野田泰博の一般質問などの情報。町づくり研究会報第6号

85栄町見聞録125号2008/6月号  2008年5月臨時議会(正副議長、所属委員会、各種役割決定)、全員協議会、6月定例議会などの情報。町づくり研究会報第5号

84復活栄町見聞録124号2008/4月号  2008年選挙特集(選挙結果、議員のスローガン) 議員16名中9名が合併推進を約束 

83栄町見聞録123号2007/12月号  工事中

82栄町見聞録122号2006/10月号  工事中

81栄町見聞録121号2006/6月号  工事中

80栄町見聞録120号2006/3月号 3月議会報告。今までで一番議会らしい議論ができた定例会だった。平成18年度当初予算可決。平成18年度予算の特徴。成田空港周辺市町村首長の連絡協議会に栄町長に入会の打診。私の一般質問

79栄町見聞録119号2005/12月号 12月議会報告。栄町議会議員定数及び第9.10回議員報酬等調査検討特別委員会が開催。議員定数、報酬共に現状維持。しかしこれからの2年間は時限で5%削減と決定。また議員報酬のスタンダードも決定した。

78栄町見聞録118号駅頭配付版 合併第2ステージ突入。国は知事に合併に関して権限を強化。2006年春より次の5年を目指して更なる合併へ向けての審議会がスタート。

77栄町見聞録117号2005/10月号 9月議会の最中に栄町議会議員定数及び第4回議員報酬等調査検討特別委員会が開催(9/15)された。席上で3番目の発言者高萩議員が「野田委員長に同じ意見にならないと栄町見聞録に書くぞ」と脅迫されたとの発言があって、委員会は混乱し、散会となった。またまた個人的な虚言で委員会がつぶされた。

76栄町見聞録116号2005/8月号 小泉さんが郵う歳民営化法案が参議院で否決されたので国民投票だとして衆議院を解散した。彼は間違っている。政権与党すらまとめることのできない法案なのに、何で国民にあえて問うのか。改革推進か否かと解散の根拠をすり替えて、マスコミも国民も騙されている。軍事政権下の日本が、そしてドイツがかつてそうであったのだろう。そんな社会風潮になってきた。

75栄町見聞録115号2005/6月号 6月定例議会報告。全議案可決。議場での言葉の一部のみを反対の意味に摺り替えて懲罰にかけ、懲罰動議を出した本人が懲罰委員会の委員長となり懲罰にかけた。それを陳謝しなかったと言って、出席停止にして、条例変更議案まで出し、報酬をカットした。町と議会を訴えた結果。

74栄町見聞録114号2005/3月号 川崎町長になってから初めて作った全議案可決 凄まじいまでの緊縮財政。聖域なき見直しは福祉教育にまで及んだ。生きるか死ぬか、どちらを選択するという議案。生き延びて改善する方向に議会は決断した。

73栄町見聞録113号2005/1月号 1 住民監査請求2件の説明(平成15年度の決算・調整手当は違法?) 2 「成田市との合併を推進する町民と議員の会」発足します。(他市町村の議員や住民は合併に向かってどのような動きをしているのか、他市町村の議員の話を聞きます。議員の役目に疑問を持つ人が増えた。

72栄町見聞録112号2004/12月号 住民請願「議員報酬削減、議会経費見直し。議員定数削減の協議を議員の皆さんで協議する決議」を出して、議員は住民を率先して町を改善してほしいという請願は採択されませんでした。12月補正予算可決。平成15年度決算認定。議会はだらだら議会。どうなる栄町の将来。

71栄町見聞録111号2004/9月号 新栄町町長川崎さん初の補正予算可決。議員監査は議長が現状維持の原則という理由で拒否により否決。議員への辞職勧告決議案が可決(西部劇の首吊りリンチと同じことを議会がしてしまった)

70栄町見聞録110号2004/6月号 新栄町町長の組織改革案可決。

69栄町見聞録109号2004/5月号 新栄町町長へ議長の反発。初議会で人事案件が拒否された。

68栄町見聞録108号2004/3月号 栄町町長、議員選挙結果 住民の皆様の良識の勝利。私の選挙はこのように行った。

67栄町見聞録107号2004/3月号 大野町長の本音が飛び出した。合併などやる気なし。日本には最低保証があると議会答弁。最低保証があるから合併しなくても国が面倒見てくれるという意味なら、町長などいらない。一番聞きたく無かった言葉だった。

66栄町見聞録106号2004/2月号 またまた箱もの政策。選挙が近づくとすぐに箱ものに走るのはおかしい。温水プール付きの体育館など本当に必要なのか。また借金を増やすだけ。成田市長が川崎候補者を訪問し励ました。約200人が集まった。

65栄町見聞録105号2004/2月号 栄町長と成田市長の合併に対する考えと行動の比較。成田市との合併を堂本知事に泣きついても始らない。大野町長、藤崎助役、松島議運委員長、藤村議員、大澤議員を告訴。

64栄町見聞録104号2004/2月号 また起きた公金盗難事件。今度は即懲戒免職。前回との処分の仕方の差

63栄町見聞録103号2004/1月号 合併論議で分かった事。合併推進できない人に合併をしろというのが無理だと言う事が分かった。懲罰委員長の嘘の報告。勝手連のすすめ。またもや金銭盗難事件発生などなど。

62栄町見聞録102号2003/12月号 議会批判した町民への襲撃事件。9月議会での暴言の数々。助役の無言電話を正当化しようとする議会議員がいる。私への名誉毀損発生。

61栄町見聞録101号2003/11月号 集団ヒステリー懲罰。9月に引き続き、懲罰をうけた。出席停止10日間。新人議員が4年間に合計6回の懲罰動議。1回の議員辞職勧告。

60栄町見聞録100号2003/10月号 100号記念特集 合併で拓く未来の栄町、11年半議会を見続けた妻からのメッセージ、千葉県市町村資産負債ランキング、まだ諦めるのは早い栄町の合併

59栄町見聞録99号2003/9月号 くだらない問題(無言電話騒動、懲罰動議騒動)で隠してしまう一番危険な事『合併問題』の取り組み(既に98号で報告),『教育基本法改正意見書』に見る右傾化『役場組織変更』にみる町長の指導力のなさ,『落札金額は予定価格99・9%』疑問など

59栄町見聞録98号2003/9月号 近隣市町村が懸命に合併を完遂させようとがんばっているのに、成田市に相手にされなかった大野町町の捨てゼリフ「残された期間でどれだけ協議できるか疑問。特例債目当ての合併はしない」。これじゃ近隣からバカにされる。

59栄町見聞録97号2003/9月号 助役の小生に対する無言電話で町長と助役が陳謝したが、全く誠意が感じられなかった。役場執行部の

58栄町見聞録96号2003/8月号 成田市長の合併案には栄町はない。議会決議無視した大野町長と高萩議員。

57半年前の議会決議を高萩議員と大野町長はまるで結託したかのように同時に無視した2003.8.14 (議会決議を無視し、大野町長が高萩議員を栄町廃棄物減量等推進審議会委員へ委嘱したことへの抗議)

56栄町見聞録95号2003/7月号 臨時議会の行政報告で大野町長は成田市に合併の検討再開の要請状を出した。大野町長もようやく、ゆっくりだが合併協議への検討に踏み出した。評価できる行動。いつも小生のことをバカ呼ばわりしている薫風のでたらめぶりを指摘。相手にすることで私の品格を犠牲にしてしまった。合掌

55栄町見聞録94号2003/6月号 成田市との合併のあるべき姿を近隣市町の自治体議会の壁を打ち破って議会議員同士で話し合いを開始。6月定例議会内容。一般質問では大野町長の合併理念は聞けず。栄町商工会からの誠意ある返答を掲載。

54栄町見聞録93号2003/3月号 成田市議会が11市町村の合併法定協議会を否決したので関係市町村の議員に声をかけ議員会議を開くことを提案。成田CATVや共同通信などが取材に来た。朝日新聞も電話取材を受けた。

53栄町見聞録92号2003/2月号 合併問題特集号第4弾。先週まで印西市への合併参加へ強いニュアンスをにじませていた大野町長は突如、成田市への法定協議会参加意思を固めた。それに連ねて今まで合併反対、できたら印西市と言っていた議員らは皆成田市との法定協議会参加を言い出した。しかも流れによっては編入でもやむなし、決断した。

52栄町見聞録91号2003/2月号 合併問題特集号第3弾。住民意思と口では言いつつ、住民意思とは反対の方へ進む栄町の合併。50年後を目指す合併って一体何。自分の町のことしか考えず二股かけるから他市町村から疑いの目で見られることに気がつかない。今の人を大切にすべきで、50年後なんて誰も喜ばない。

51栄町見聞録90号2003/1月号 合併問題特集号第2弾。このままでよいのか栄町の合併。合併で二股をかけても良い結果が得られるわけない。

50栄町見聞録89号2003/1月号 市町村合併問題を栄町町長はどう考えているのか。議会は合併反対の声をあげる人が断然多い。町民へのアンケート結果は合併推進、議員は合併推進反対が大半、大野町長はまだ意思不鮮明、これでよいのか栄町の合併推進

49栄町見聞録88号2002/12月号 12月議会報告。住民請願の遺伝子組み換え稲の商品化反対は否決。請願審議委員会で傍聴者だった松島議運委員長、藤村議員の妨害ヤジ。ヤジに屈服した請願賛同者の大野議員は委員会議決で反対に意思を変更させた。千葉日報が松島議員を取材してデタラメな記事を新聞に掲載。千葉日報に抗議のメール。3日後「断り」と称して、訂正記事が掲載された。議会は新聞記事に訂正をも申し入れることもできない腰抜けぞろい。

48栄町見聞録87号2002/11月号 千葉県はもとより日本でもめずらし議員主催の合併シンポジウム開催の案内。専修大学の小林教授を司会としてお迎えして町長と議員3名のパネラーとの討論会開催。

47栄町見聞録86号2002/9月号 9月議会は最初は議員全員での協調ムードであったが、共産党議員団が議場において、自分たちが昨日皆と一緒になって作り上げた国への意見書提出に関して、全くのデタラメの討論をし始めた。あまりにも間違った状況説明を唐突にしはじめたので議長が討論を途中で中断させた。

46栄町見聞録85号2002/6月号 6月議会で高萩議員の議員辞職勧告決議が出され、懲罰動議が出され、10日間の出席停止処分が出された。議員が議員をよほどのことがない限り懲罰にかけるなどしてはいけない。すべては不正出張とか、斡旋利得などという言われ無き罪もどきを課して処分までに及んだ。国会の悪しき風習を栄町が上手く利用して一人の議員を葬り去ろうとした。またその挑発に乗って、深みにはまり、懲罰を食らった議員も議員だ。どちらの側も馬鹿みたいに見える復讐劇だ。数の力には少数は敵わないのか。

45栄町見聞録84号2002/5月号 5月1日の臨時議会を開催。栄町総合交流拠点施設新築工事請負契約と安食小体育館屋内運動場建設工事請負契約の議決が主な内容。その他全員協議会で今後の栄町役場役職制度を説明された。議会議員の議会報告が相次いで創刊された。中には創刊された2つの議会報告は私の見聞録批判であった。それに少しだけお答えした。私の栄町見聞録を嘘だと断定した人が2年前に見聞録に書いて欲しいと依頼してきた人なども紹介。

44栄町見聞録83号2002/4月号 平成14年度当初予算可決。山田メールと高萩議員の夫(教員)が不正出張として議会が日本の地方議会で過去に例を見ない任意の委員会を結成して調査をした。その結果山田議員と高萩議員が陳謝した。議員がねつ造文書を作ってはいけないが、議員が行政の番犬のような役目を果たすものではない。

43栄町見聞録82号2001/12月号 公金盗難は二度と起こらないですねとの念押しに大野町長は努力目標と答えたが、二度と起こさないと断言すべきであった。職員をもまだ信じていないと言っているに等しい。山田メールと高萩議員の個人的なことで、松島議員他2名は栄町政治倫理の決議を発議したが、それでは生ぬるいとして政治倫理条例を私は発議した。しかし議会議員の半数以上が栄町の公的な仕事に関与しているので、議員が関与してはダメだという発議はもっと練り直しが必要になってきた。それを取り下げたら、今度は取り下げは認めず、徹底的に議論と相成った。

42栄町見聞録81号2001/9月号 役場の内部の人間しか入れない場所から公金が7年前から盗まれていた。それを公表していなかった。警察も2度入ったが、その都度犯人は特定できなかった。役場のメンツにかけて調査しろと共産党議員がせまると、これ以上何を調べろというのか、どうしろと言うのかというのが町長や総務課長の答えであった。町民の金が盗まれたのにそんな言いぐさはない。
41栄町見聞録80号2001/8月号 扶桑社の歴史・公民教科書は全国の自治体に教育委員会で不採択になりました。栄町の現状を経緯とともに説明します。
40栄町見聞録79号2001/7月号 扶桑社の歴史・公民教科書が検定合格したので反対するには一般市民しかないと判断し、栄町で署名運動を展開しました。
39栄町見聞録78号2001/7月号 議員が議会で採用活動したような教科書、検定後も新たな間違いを指摘されている教科書、西洋よりも日本がすぐれていると意識しすぎの劣等意識丸出しの教科書、こんな教科書で歴史を学ぶと自己満足で、他国の歴史や文化を尊重できない子供に育つ。
39栄町見聞録77号2001/6月号 栄町議会に議員全員での話し合いなしでこそこそと国旗が掲揚された。国旗はこそこそ揚げるものでない。国旗を粗末に扱う議会運営委員会決定に疑義有り。4月15日の議会だよりは中立・中庸を欠いているでの一人の編集員が抗議して辞任。扶桑社の歴史教科書は押しつけ教科書で歴史事実を改ざんする教科書。
38栄町見聞録76号2001/4月号 堂本あき子さんが栄町でも自民党票を抜いて圧勝。3月議会報告。議会事務局長が栄町とは何の関係もない私の会社へ、紙の減量化をお願いすると言って、その実、私の悪口(社会人のモラルを欠いている)を含んだ文書を社長宛に出した。迷惑な話だ。嫌がらせがここまでエスカレート。
37栄町見聞録75号2001/3月号 私は3月25日の千葉県知事選挙において堂本あき子さんを応援します。栄町議会事務局長のいやがらせ。議会が全員協議会で、公費を使って栄町見聞録批判を出そうと決めた。おかしなおかしなことばかり。
36栄町見聞録74号2001/1月号 サンケイ新聞のキャンペーンに呼応して千葉県では「教科書を良くする議員連盟」という会が昨年発足したが、栄町の議会運営委員長も名前を連ねている。しかし、日教組の請願に対して紹介議員となりながらも、政治信条の全く違う教科書を良くする会の指導的立場になっていることに理解できないものがある。
35栄町見聞録73号 2000/12月号戦前、韓国を日本が併合して学校やインフラ整備をしてあげた事が日本の歴史の光の部分だ。また、南京大虐殺や従軍慰安婦は東京裁判のでっちあげである」と主張する人々が今の自虐的な教科書を廃止して、新しい教科書を使うべきという歴史観の人々による私の反対討論に対するいやがらせ。栄町の議会も最低な議会に成り下がった。左手には日教組の請願紹介、右手には靖国神社崇拝を表明しても私は騙されない。日教組も靖国神社崇拝者も騙されている。
34栄町見聞録72号 2000/12月号12月議会報告。あまりにもひどい栄町議会の判断。「教科書採択についての請願」は県教育長から栄町教育委員会宛の丸秘資料まで松島紹介議員が議会に配布した。南京大虐殺など東京裁判のでっちあげと主張している議員が紹介する議案だからこそ不安になる。篠崎議長、松島議運委員長から要請文が届いた。これは議員への政治活動への不当な干渉である。内容証明を送付。
33栄町見聞録71号 2000/10月号9月議会報告。昨年の決算認定はあまりにも流用項目が多くずさんすぎる。反対。 
32栄町見聞録70号 2000/7月号新基本構想議決後の議会。酒直小改造へ2億千万円投入。但し7年後には100名を下回る生徒数になる学校になる。 
31栄町見聞録69号 2000/6月号選挙後初の定例議会。栄町の21世紀の指針・栄町基本構想が決まる。 
30栄町見聞録68号 2000/5月号選挙後初議会で決めたこと。初議会での人事の裏側。 
29栄町見聞録67号 2000/4月号選挙後初の当選者会合:初議会へ向けての研修。再び怪文書。今度は私のボランティア活動の本部に宛てた、私の社会的信用失墜を狙った怪文書。
28栄町見聞録66号 2000/3月号2000年3月12日の選挙報告。こんなことが私の周りで起こっていた。
27栄町見聞録65号 2000/3月号衝撃 緑風会離脱:後藤会長、川崎幹事長。理由は藤江町長にあり。
26栄町見聞録64号 2000/2月号介護保険条例成立。
25栄町見聞録63号 2000/2月号 全員協議会・介護保険条例。上に立つ人は夢を語れ。選挙違反に巻き込まれないために
24栄町見聞録62号 2000/2月号 通学路で銃の事故発生、こんなこと選挙ではやりたくない大作戦
23栄町見聞録61号 2000/2月号 従来・措置制度、現在、自由選択栄町見聞録61号
22栄町見聞録60号 2000/1月号 箱ものは5万人構想、福祉は3万人想定栄町見聞録60号
21栄町見聞録59号 99/12月号  前代未聞 藤江町長の町づくり基本構想が九対八で否決
20栄町見聞録58号 99/9月号   会派の出した請願、意見書すべてに反対した私。 
19栄町見聞録57号 99/6月号   通学路を銃猟禁止にする請願は否決。
18栄町見聞録56号 99/4月号   申出が農業委員と猟友会が出してきた。継続審議になってしまった。 
17栄町見聞録55号 99/3月特別号 懲罰動議の裏側、懲罰動議に対する申立
16栄町見聞録54号 99/3月号   平成11年度3月当初予算、私に対する懲罰動議
15栄町見聞録53号 99/1月号   平成10年度1月補正予算(地域振興券)、怪文書情報その2
14栄町見聞録52号 98/12月号   環境基本条例、環境保全条例可決
13栄町見聞録51号 98/11月号  懲りない怪文書 議員発議になぜこだわったか
              派閥政治の行き着くところ
12栄町見聞録50号 98/9月号  情報公開条例(町案)  情報公開条例(議員=小生の発議案)  
             可決議員の賛否動向
11栄町見聞録49号 98/6月号  消防庁舎否決、入札制度改善発議   議員の賛否動向
10栄町見聞録48号 98/5月号  情報公開制度建議   補欠選挙以降の議員の動向
栄町見聞録47号 98/3月号  3月定例議会(消防庁舎建設予算)
栄町見聞録46号 98/1月号  1月臨時議会  情報公開推進委員会の会での要望
栄町見聞録45号 97/12月号  交通問題とバイパス建設     臨時議会
栄町見聞録44号 97/10月号  栄町政治倫理条例否決
栄町見聞録43号 97/7月号  品のない怪文書はもううんざり
栄町見聞録42号 97/6月号  印旛沼を野鳥の楽園へ
栄町見聞録41号 97/5月号  情報公開制度推進委員会へ議会から推薦
栄町見聞録40号 97/1月号  経費節減の努力なしの予算には反対
栄町見聞録35号 96/12月号 (請願)名誉にかけて次の3条の実行を誓います

ホーム頁へ戻る(クリック)

 

連絡方法

お電話、Fax又はE-Mailでご連絡下さい。お電話の場合は夜9時以降。その他はいつでも構いません。

yas-noda@plum.plala.or.jp