公開質問状

公開質問状 

印西猟友会布鎌分会長 栄町曾根304大木益之助 様

(栄町農業委員)   栄町須賀492宮本 泰夫 様

(栄町農業委員)   栄町北481 大塚 重信 様

 

(差出人)栄町安食台2-20-8 栄町議会議員・野田泰博

 

(公開質問状)栄町の通学路及び周辺道路を銃猟禁止区域にすることを千葉県に求める意見書を提出するための請願書、上記請願に係る申出について

  栄町3月定例議会では掲題の三氏の申し出を受けて、請願は継続審査となりました。当然のことながら三氏の申し出は請願を理解して出されたものと理解します。三氏の申し出はどうしても請願主旨と噛み合わない箇所が多く、住民請願の紹介議員として理解できない部分が多いので質問致します。請願はあくまで通学児童の安全を守るためで、農業問題ではありませんでしたが、三氏の申出は通学路の問題を農業問題と連携させたものです。従って、農業問題と理解して、いくつか質問致します。

 1、三氏の申し出中「収穫を目前にした水稲が秋の大雨の際は限られた箇所ではあるが野鳥により壊滅的な被害を受ける」、「初穂期においてスズメによる被害は大変大なるもの」とありますが、スズメによる被害は猟期の11月15日から2月15日までの間ではありません。請願での銃器使用禁止期間は猟期の11月15日から2月15日までの間です。請願で銃器使用禁止してほしい期間(11月15日〜2月15日)と三氏の言うスズメによる被害の期間との関係を教えて下さい。

2、「路地野菜、及び豆類においても、限られた箇所ではあるが壊滅的な被害により致命的な打撃を受ける農家もあります。」とありますが、次の点について教えて下さい。

 2-1、この被害とは11月15日から2月15日までの間の被害ですか。

 2-2、11月15日から2月15日までの猟期の間、三氏の言う「栄町の路地野菜、及び豆類の被害を食い止めるため」、何軒ぐらいの農家が銃器を用いるのですか。

 2-3、猟期以外、通常は銃器は使えませんが、路地野菜や豆類を生産する農家はどのような方法で被害を食い止めるのでしょうか。因みに有害鳥獣駆除は栄町では稲穂を守るためにスズメを追い払うとして6月と8月に行われています。

3、銃猟禁止になった後でも有害鳥獣駆除の申請を出せば、銃器による有害鳥獣駆除ができます。申請による有害鳥獣駆除は、通学路を使用する児童に事前に銃器による駆除が連絡され児童の安全が確保ができますが、安全確保第一にするには有害鳥獣駆除申請がよいとは思いますが、この点をどのようにお考えですか。

4、「このような被害により、毎年最長4週間の有害鳥の駆除を町当局からの依頼により実施し大きな効果を得ています。」とありますが、三氏が申し出の中で言及した期間は請願者が希望する銃猟禁止希望期間(11月15日〜2月15日)と違います。毎年最長4週間の有害鳥獣駆除で大きな効果を得ることと請願の銃器使用禁止希望期間(11月15日〜2月15日)の相関関係は何ですか。

5、「首題により町全域が銃猟禁止区域に指定された場合、周辺町村から等の鳥獣の増加に伴い、その被害は農家にとって深刻な問題」とありますが、町全体を銃猟禁止区域にしろとは請願者は申してはおりません。この請願から栄町全域が銃猟禁止区域になると何故お考えですか。

6、「次に通学路の児童について心配される件でございますが、栄町においては事故の発生は全くありません。また全国的にも通学路における事故例は猟友会では全く存じておりません。」とのことについてお訊ねします。栄町の児童に事故があってからでは遅いとはお思いにはなりませんか。事故を未然に防ぐのが大人の役目です。全国的にも通学路での事故はないと言われますが、猟銃による誤射は毎年発生しています。当然通学路で銃が使える自治体は少ないと思います。通学路近辺で銃が使用できること自体、常識から外れておりますが、その点いかがお考えになるのかお知らせください。

7、(別表1参照)現在、11月15日〜2月15日までの期間には不特定多数のハンターが栄町に入ります。他町村のハンターは栄町の通学路は不案内です。そのような部外者が入る場所に通学路があるので、是非通学路近辺だけでも銃猟禁止にすべきとお思いになりませんか。銃猟禁止になった場合、変化があるのは11月15日から2月15日までの3カ月間、不特定多数のハンターは栄町で銃を使えなくなるだけです。栄町の農家は有害鳥獣駆除申請を出せば限定的に銃器は使用可能です。別表1についてのご意見をお聞かせください。

8、最後に三氏の申し出は役職名を記載していましたが、その会を代表

している方の発言であると受け取れます。今回の申し出は個人的な申し出なのか、猟友会と農業委員会の公的な見解なのかお知らせ下さい。

 以上の8項目10質問につき御返答をお願いします。十日以内に書面にて、栄町議会議員・野田泰博まで送付お願いします。この質問内容とご回答はすべて公開致します。

(平成11年3月29日投函)

*平成11年4月8日返答なし

 

 

ホーム頁へ戻る(クリック)

ご意見、ご質問等ございましたら下記のアドレスへ電子メールでお問い合わせください。

yas-noda@ic.netlaputa.ne.jp

 TEL 0476-95-3665 FAX 0476-95-9632