栄町見聞録50号

よく見て、聞いて、皆で話そう  平成10年10月4日号 

9月定例議会

栄町情報公開条例(町案)が可決、小生は町案には反対し、対案を発議

 一年九か月前に議員発議で出した情報公開条例は一旦は可決するも町長の再議で廃案に追い込まれました。その後町側は情報公開制度推進委員会を設立し、今年3月に建議が完成。そして9月議会に栄町情報公開条例として議案化されて審議。

 小生はこの議案には疑問を抱き、対案を発議。しかし、町側提出のままこの条例は可決しました。

何故対案を発議したか?

情報公開条例は通常の条例と違って、この条例を必要とする側は住民側にあるので、使う者が発議すべきと考えているからです。また町案はあまりにも政府案を模倣し、情報は公開すると言いつつ、公開しない方便があまりに多い条例になっていたからです。

(町案)栄町情報公開条例

  1. 目的に知る権利を明記
  2. 議会も対象
  3. 広義の町民が公開対象
  4. 公務員の氏名もある条件付 で公開
  5. 法人は特約付で非公開の可 能性多し
  6. 意思形成過程の公開はなし
  7. 自己情報公開に特約多し
  8. 自己情報の修正を認めず
  9. 公開費用は無料。ただし減 免なし。写しの場合は実費
  10. 審査会は5人以内となって おり一人でも可能。
  11. 過去の情報は整理がついたものを順番に公開

 

町案 発議者 藤江町長

賛成者 

山本、石井、大野、秋山、新谷、松島、新谷、菅井、後藤、戸田、高萩、桜井、12名

 

(対案)栄町情報公開条例

  1. 目的に知る権利だけでなく 町民の参加と監視を明記
  2. メモまで公開の対象
  3. 議会も対象
  4. 公開は何人もが対象
  5. 公務員氏名は無条件で公開
  6. 法人名はある条件下で公開
  7. 意思形成過程の公開
  8. 自己情報公開に特約少し
  9. 自己情報の修正を認める
  10. 公開費用は無料。減免措置 あり。写しは実費
  11. 審査会は5人と定義
  12. 現存する過去情報は公開対象

対案 発議者 野田

賛同者、山田、中嶋

賛成者 

加藤、野平、山田、中嶋、野田 5名

小生の対案発議粉砕

 対案を発議したことで小生はまるで悪者。議運でも新谷議員より取り下げ要求が出されたり、議会討論でも「ほころびだらけ」、「議会軽視」、「町民への侮辱」、「でたらめ案」、「審議する価値なし」、「議員を愚弄した案」と松島議員と菅井議員より反対討論。戸田議員も反対討論に立ち「修正案にすべき」、「原案をベースにすべき」と反対。とにかく、審議も、討論もまるで小生とその賛同者に対し徹底的に粉砕質疑が出されました。

 残念なことは小生に彼等を納得させるだけの説明ができなかったこと。

 合計24質問の徹底的な粉砕質疑でした。また小生に質疑をした議員は町案に対しては質疑は全くなく、町案よりも小生案を勉強したようだ。

条例は政府案と同じ

  現在、内閣は情報公開法案を国会に提出しましたが、この法案は以前の政府案の要綱よりも公開範囲は狭く、市民団体も反対の意向を強めています。

 9月29日に緊急報告会が衆議院議員会館で開催され、政府案には絶対に妥協してはならないとの声。この政府案は情報隠しの抜け道があまりにも多く、これでは市民参加など絵に描いた餅同然との憤慨した意見もありました。(小生も参加)

 栄町で可決した情報公開条例はその自民党内部でもおかしいという声が上がる政府案がベースになっています。

 栄町の条例は一見すると「知る権利」や「公務員の氏名公開」など取り入れて先進的に見えますが、政府案にもないような特約が多くて、結局非公開部分が拡大されています。例えば公務員の氏名を公開するとしながらも、個人の権利利益が不当に侵害されるおそれがあると町長が認めれば公開されません。また法人名は競争上の地位や財産権その他の正当な利益を害するおそれがある場合は公開しないのです。これでは将来法人名を公開すべき問題が起きた時、企業名は伏されます。それにこの情報公開条例では町民が知りたい行政の意思形成過程は公開はなし。この町が将来どのようになって行くのか、知らずして、町民の行政への参加や監視などできるわけがありません。

 最後に一言、小生の発議を審議に値しないと言いつつ、熱心に審議してくれたことに感謝。

9月議会議案一覧表

議案1 栄町議会議員、町長選挙における公報の発行に関する条例の一部改正

(意見)昨年の補欠選挙後、選挙の際の公報を発行すべしという条例を議員発議(小生の発議)で出しました。その後選挙法が改正され、公報の字数制限が無くなりました。

(全員賛成)

議案2 栄町情報公開条例(町長提案)

(意見)この栄町見聞録の表頁を参照乞う。小生は反対して発議案を対案として提出。

(賛成) 松島、山本、後藤、新谷、菅井、川崎、大野、石井、秋山、戸田、高萩 桜井(12名)

(反対)野平、加藤、山田、野田、中嶋(5名)

発議案2 栄町情報公開条例(議員提案)

(意見)この発議案は町長案が可決したので採決なし。

議案3 栄町乳幼児医療対策条例一部改正

(意見)今までより医療を受けられる乳幼児の対象がひろくなった。  

(全員賛成)

議案4 ホームヘルパー派遣手数料徴収条例改正

(意見)ホームヘルパーを必要とする人の負担が年収によって違う。毎年小刻みに負担を重くするのはよくない。たとえそれが国の法律であっても。

(賛成) 松島、山本、後藤、新谷、菅井、川崎、大野、石井、秋山、野平、加藤 山田、中嶋、(13名)

(反対)戸田、高萩 桜井 野田、(4名)

議案5、6 一般会計補正予算公共下水道事業補正予算

(意見)平成9年度決算確定のための補正

(全員賛成)

発議案1 北朝鮮ミサイル発射への抗議の意見書提出

(意見)私たちの頭上をミサイルが何の予告も無しに飛び越していったことに国民として憤慨。政府に対して意見書を提出

(賛成)野平、加藤 山田  中嶋、山本、後藤、新谷、菅井、川崎、大野、石井、秋山、戸田、高萩、桜井 野田(16 名)

(反対)松島 (1名)

請願1「教育予算増額に関する意見書」採択

請願2「義務教育国庫負担制度に関する意見書」採択

請願提出 大野、山本、石井

(意見)請願は教職員組合(旧社会党系)の請願。請願が同時期に違う共産党系の教職員組合から出され、毎年この時期になると、競い合うように同じような請願が出ます。

(反対)中嶋 

(賛成)野平、加藤 山田 、山本、後藤、新谷、菅井、川崎、大野、石井、秋山、戸田、高萩、桜井 野田、松島

請願3、教職員配置改善計画の即時完結と義務教育費国庫負担堅持を求める請願

請願議員 高萩、戸田、桜井

(みなし採択)

認定1 平成9年度栄町歳入歳出決算認定  

歳入 74億8355万8232円

歳出 71億8245万6264円

(賛成) 松島、山本、後藤、新谷、菅井、川崎、大野、石井、秋山、野平、加藤 山田、中嶋(13名)

(反対)戸田、高萩 桜井 野田(4名)

陳情 2件

1青少年健全育成のための法律制定を求める意見書

2患者負担をもとに戻し、安心してかかりやすい医療の充実をはかる意見書の提出 

9月定例議会における各議員の賛否状況表 

 

以前(48号以前)の栄町見聞録を見る(クリック) 

ホーム頁へ戻る(クリック) 

連絡方法

お電話、Fax又はE-Mailでご連絡下さい。お電話の場合は夜9時以降。その他はいつでも構いません。

yas-noda2@plum.plala.or.jp

TEL/FAX 0476-95-3665